朝食と夕食は軽めに

 

1日の中で最も消化力の強い時間帯はお昼頃ということで、昼食に最もボリュームのある食べ物を食べるようにしました。

 

朝食と夕食は軽めに、そして夜9時以降は何も食べないことをルール化しました。

 

特に夕食は軽めにして、温野菜中心のメニューに変更。

 

またお肉の中でも最も消化がよいとされている鶏肉を食べることに。

 

そして、調理する時の油は「ギー」など質の良い油をつかうようにしました。

 

 

 

 

お肉か魚か?

 

魚には体によい成分が多く含まれているので、一般的にはお肉よりヘルシーだと言われておりますが、実際にはヘルシーだとは言えません。

 

事実、魚に含まれる成分自体は良いものが多いのですが、とても消化しにくくて消化というポイントで難点があるのです。

 

薬局などのサプリメントコーナーでフィッシュオイル(EPA/DHA)なども売られていますが、それらも消化しにくいのです。

 

実際の例として脂ののったサバは牛肉や豚肉よりも消化に時間がかかることがわかっています。

 

特に日本人が大好きなお刺身などは、体を冷やしますので控えめにした方が良いです。

 

体に優しいタンパク質の摂り方

魚が消化が良くないとなるとどうやってタンパク質を摂取したらよいのか悩みますよね。

 

タンパク質に関しては別ページにて詳しく解説していますのでそちらをご覧下さい。

 

タンパク質